よくある質問

靴の修理

ヒールを低くすることは出来ますか?
靴のバランスが悪くなるのでオススメは出来ませんが、10mm前後だと可能です。
靴のサイズを大きくできますか?
ストレッチ機械でサイズを伸ばします。縦(長さ)は変わりません。横幅を伸ばし、足入れを良くする事は可能です。素材によってはほとんど変化しないケースもございます。また中敷き、クッションでサイズ調整することにより、お客様の足にフィットさせる事も可能です。
ハーフラバーは買ってすぐ付けた方がいいのでしょうか?
apegoでは、すぐに張ることをオススメしています。特に婦人靴は元々、修理する事を想定して作られていないので、ハーフラバーを張って、靴自体が傷まないようにすることが、長く履き続ける秘訣になります。また滑り止め効果もあります。
ルブタンの赤い革底と同じ色のラバーソールはありますか?
イタリア、ビブラム社のソールで同色のハーフラバーを扱っています。
ほとんど履いていない靴なのにソールがボロボロになってしまったのですが。
ウレタン素材の加水分解が原因だと思います。カカトのみなどの部分的修理が出来ませんので、オールソールにより、靴底全体修理のご提案いたします。
靴の内側の革が破れてますが修理できますか?
可能です。カウンターライニングのメニューとなりますが、出来るだけ元と近い革を使用し、内から革をあてて修復します。ブーツも可能です。
片足の靴だけ修理可能ですか?
表面上で気づきにくくても、靴の状態は両足が同じように変化しているケースがほとんどです。ご来店、郵送の際は両足をお預かりさせていただきます。

靴のクリーニング

どんな素材でもクリーニング出来ますか?
基本的にどんな素材でもクリーニングできます。ただし、合成皮革やエナメル素材で劣化が激しいものは、洗えないものもありますのでご相談ください。
染直しのみはできますか?
染め作業をする際、革の表面に汚れや古いクリームなどが付着していると、色の定着が悪くなってしまいます。クリーニングして、革の表面をキレイに整えてから染め作業をいたしますので、染直しのみのご依頼は、お受けしておりません。
どんな素材でも染直しが出来ますか?
エナメル、キャンバス、サテンなど、基本的にスムースレザー以外は染直しをお受けしておりません。その他に気になる素材がございましたらお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
カビが生えてしまったのですがクリーニングで落とせますか?
表面に付着しているカビは、除去することができます。しかし、黒カビなどシミになっているものは痕が残ってしまいます。
雨シミが出来たのですがクリーニングで落ちますか?
クリーニングで可能な限りシミ抜きをして落としますが、革質や色味などにより、完全に落としきれないケースもあります。そのようなケースでは、染めなどでシミを目立たなくする方法をご提案いたします。雨シミは時間が経つと落ちにくくなるので、できる限りお早めにお持ちいただくと、元通りに復元が可能です。