Allen Edmonds(アレンエドモンズ)レザーソールからビブラム2055ラバーソールへオールソール交換修理

P1120752Allen Edmonds(アレンエドモンズ)をお預りしました。P1120756過去に他の修理店で「トップリフト交換」とレザーソールを「ハーフラバー補強」している状態です。 P1120757画像では分かりにくいですが、ハーフラバーの中心辺りがソールに接着していなくて浮いている状態で、お客様はこの状態が気になってお持ち頂きました。  P1120758ハーフラバーを剥がしてみると、やはりレザーソールに穴が開いている状態でした。

本来は「オールソール交換」の状態ですが、ハーフラバーの修理を行うとこうなります。P1120759レザーソールを縫っている「出し縫い」も広範囲で切れているので、ウェルトとレザーソールが剥がれている箇所も見られます。P1120755応急的な修理では状態を改善するには限度があるので、「オールソール交換」で靴底を全体作り替えます。P1130033<after>

お客様とのお話で、使用したのは「ビブラム2055ソール」になります。P1130034レザーソールからラバーソールへ変更したので、耐久性は向上しました。

ですがアレンエドモンズの靴は「返りの良さ」がメリットらしいですが、その点の履き心地は変わると思います。 P1120754カカトのライニング部分には穴が見られたので、  P1130032革をあてて補強する「カウンターライニング」で修理をさせていただきました。P1130035 これで状態を気にすることなく、またしっかり履いて頂けます。

店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

ありがとうございます。

 

vibram ♯2055ラバーオールソール交換 ¥12,800(税抜)

カウンターライニング(短靴・両足) ¥3,500(税抜)

納期 2週間以内