church、s(チャーチ)カウンターライニング(腰裏補強)&靴紐交換修理

P1160676 church、s(チャーチ)をお預りしました。
P1160679 ライニング(靴の内側の革)に穴が開いているので修理でお持ち頂きました。

P1160681 ライニングに穴が開くと、ライニングとアッパー(表革)の間にある「カウンター」と呼ばれる革の芯に負荷が掛かります。

カウンターは靴のかかと部分の形状を保つ役割があるので、負荷が掛かってしまうと履き心地、見た目に大きく影響します。

また、靴下にも穴が開きやすくなるのでお早めに修理にお持ち頂ければと思います。
P1160746 <after>

ライニング用の革を使用し、補強させていただきました。

履き口に縫いが入るので、脱ぎ履きの際に剥がれる心配はございません。

「カウンターライニング」という修理名の他、「腰裏」「すべり革」ともよ呼ばれます。P1160745これで安心して履いて頂けます。P1160677続いて靴紐ですが、P1160678そろそろ使用感が出てきており、先端も切れているので新しく交換します。

P1160747 お選び頂いた靴紐は「平紐」のブラウン系です。
P1160748お好みの長さにカットして先端を金属セルで取り付ける加工をさせていただきます。
P1160749靴の修理は靴底に目がいきがちですが、足が直接当たる靴の中の状態も大切です。

気になる点などございましたらお気軽にご相談下さい。

ありがとうございます。

 

カウンターライニング(短靴・両足) ¥3,500(税抜)

靴紐交換(ロー引き・平) ¥700(税抜)

納期 3日ほど