Danner Light(ダナーライト)ビブラム148ソールのカカトを違和感ないようにタンク型ヒールでトップリフト交換修理

P1120529Danner(ダナー)のDanner Light(ダナーライト)をお預りしました。  

始めてのお客様ですが、以前当店で靴修理をしたお客様のご紹介でお越しいただきました。

ありがとうございます。P1120532靴底は過去に修理をしていない状態です。

USビブラムの148ソールが使用されています。P1120531この度はカカトの擦り減りでお持ち頂きました。

フラットソールの148ソールのラバー部分が擦り減って、その上のスポンジに達する直前です。

この状態は修理をするギリギリのタイミングになります。P1120530靴底のソール前部はさほど減っていないので、「オールソール交換」をするには勿体ないと思います。P1120533なので消耗が見られるカカト部分のみ修理させていただく事になりました。

通常、一体型のソールには「コーナーハーフ」で部分的に補強したりもしますが、修理した痕跡が目立ちます。  P1120534今回のようなタンク型ソールには、同じビブラム社のタンク型「1205ヒール」を使用します。P1120540<after>

繋ぐようにして部分的に交換しました。P1120541サイズが大きい1205ヒールを使用すれば、おそらく模様もより違和感なく修理できると思いますが、店頭に在庫がなかったので今回はこれで修理させていただきました。

靴の構造によって修理方法も様々です。

P1120543違和感はございません。P1120542お客様にも大変喜んでいただけました。P1120539今後、ソール前部の凸凹がなくなってきたら「オールソール」でラバーソールを全体交換する事をオススメします。P1120544店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

お気軽にご連絡下さい。

ありがとうございます。

 

vibram ♯1205 トップリフト交換 ¥3,200(税抜)

納期 店頭に在庫があれば当日~翌日