FENDI(フェンディ)ハイヒールパンプスを歩行時に疲れないようにヒールカットで低くする加工修理

P1270470こんにちは東です。

FENDI(フェンディ)のオープントゥパンプスをお預りしました。

P1270471お客様はお気に入りの靴ですが、履いていていて疲れるのでご自宅で眠っていた模様です。

P1270473オープントゥに、袋状のアッパーデザインがお洒落ですね。

P1270472ヒールはだいぶ高い構造です。

P1270474ハイヒールの靴は歩行時には足の前部に重心がかかるので、カカトにしっかりと重心をのせて歩行できず、長時間歩くと疲れます。

P1270475土踏まず部分もヒールにかけてグッと上がっており、実際お客様に履いて頂くとつま先立ちをしているような状態でした。

P1270476完全に改善するのは難しいですが、少しでも疲れを軽減するようにこの度は「ヒールカット」でヒールを低く加工をします。

P1270477<左>

ヒールを15mm程カットして低くしました。

<右>

元の状態です。

P1270478ヒールをカットするのは靴のバランスが崩れるので良くはありませんが、ヒールを低くすることで立っている状態でカカト部分に以前よりは重心が掛かるようになります。

ヒールの高さ、太さにもよりますが大体10mm~15mmカットが限界と考えています。

これ以上低くすると靴のバランスが悪くなりすぎるので、見極めて加工します。

靴の事を考えると元の設計が一番良く、一度低くしてしまうと元には戻せないのでご検討頂ければと思います。

P1270479両足の高さを揃えました。

P1270482先端のトップリフトは新しくなります。

P127048115mmと聞くとあまり変化がないように感じられることが多いですが、ヒールの高さはだいぶ低くなります。

P1270480お受け取りの際にお客様に履いて頂くと、違いを感じ喜んで頂けました。

それでもハーヒールではあるので、長時間歩行がどうかは分かりませんが、またお気に入りの靴をご愛用して頂けばと思います。

P1270483店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy トップリフト交換 ¥1,400(税抜)

ヒールカット +¥700(税抜)

納期 当日~翌日