Kapital(キャピタル)マリンスタイルのポパイブーツの擦り減った靴底全体をクレープソールのオールソール交換で作り替える修理

P1300628こんにちは東です。

Kapital(キャピタル)の「ポパイブーツ」をお預りしました。

岩手県より郵送で修理のご依頼です。

P1300629以前、別のお客様からお預りした同じポパイブーツの「カカト修理」をしたことがあります。

その修理ブログをご覧になり、今回お任せくださいました。

P1300630作りは少々、特殊です。

ウェルトより下は生ゴム素材の「クレープソール」になります。

P1300631クレープソールの

P1300632カカト部分が大きく擦り減り、中から白のスポンジが見えている状態です。

P1300633「Clarks(クラークス)」などのクレープソールの構造とは異なり、ポパイブーツは土台のスポンジの周りにクレープを巻いている作りなので、擦り減るとこうなります。

P1300635過去の修理ではカカト部のみクレープ素材で部分補強の修理をおこないましたが、

P1300634今回は横に巻いてあるクレープのめくれ、ベトつきが大きいので、「オールソール交換」で全体を作り替えることとなりました。

P1300636ブランドイメージを損なわないよう、再現するように修理を進めさせていただきます。

P1300669まず、巻いていたクレープを全て剥がしました。

P1300670土台になるスポンジです。

擦り減っていたカカト部分は形を戻す加工を行います。

P1300671この修理方法は接着力が命です。

しっかり下処理をおこなう必要があります。

P1300718<after>

オールソール交換の完成です。

P1300712元と同じくクレープソールを使用し、

P1300713サイドには薄いクレープを巻きます、

P1300714ソールが新しくなると靴が新品に見えますね。

P1300715カカト部分にはイカリマークのロゴがありましたが、それは再利用や再現は出来ないのでご了承お願い致します。

P1300711これで安心して履いて頂けますね。

P1300716特殊な修理ですが、諦める前にご相談いただければと思います。

P1300717店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。

 

クレープソール オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間以内