Lloyd footwear(ロイドフットウェア)ダイナイトソールからビブラム2055ソールへオールソール交換修理

P1150219Lloyd footwear(ロイド フットウェア)をお預りしました。    

P1150222修理内容は「オールソール交換」になります。

過去にもオールソールをされた痕跡があり、イギリスの「Dinite sole(ダイナイトソール)」を使用しています。

P1150223カカトが減っていますが、

 P1150224ラバーソールも大きく減っています。

レザーソールと違い、ラバーソールは靴底の交換のタイミングが判断しにくいですが、ダイナイトソールは凸凹が無くなっている状態だとソール中心部がかなり薄くなっているのでタイミングと考えています。

P1150221店頭にはソールサンプルを多数展示してあるので、お客様のお好みのソールをお選び頂けます。

P1150483<after>

「オールソール交換」で使用したのはイタリア・ビブラム社の「2055ソール」です。

P1150484ダイナイトソールと似ていますが、ソールはこちらの方が若干厚みがあります。

ダイナイトの方が高級既製靴に使用されているケースが多いですが、耐久性という面ではビブラムの方が優れています。

お好みの方をお選び頂ければと思います。

P1150485ソールが変わっても靴のバランス等は損なわないように修理するのでご安心ください。

P1150482グッドイヤーウェルト製法の靴はオールソール交換で使用可能なソールの種類も豊富です。

お気軽にご相談下さい。

ありがとうございます。

 

vibram ♯2055 ラバーオールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間以内