LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)レディーススニーカーの劣化した靴底をオールソール交換修理で作り変え

 

P1200059LOUIS VUITTON(ルイ ヴィトン)のレディーススニーカーを長野県より郵送でお預りしました。
P1200060このヴィトンのレザー&キャンバスのスニーカーは過去に修理で何度もお預りしているアイテムです。
P1200061修理内容は似たものが多いですが、靴底の修理になります。
P1200062「加水分解」による経年劣化でウレタン素材の靴底が割れています。
P1200063この状態になると「オールソール交換」で靴底を全体作り替える修理内容になります。
P1200064こちらの靴はソールの色がネイビー&ベージュと珍しい色です。
P1200065今のような色、形状の再現は不可能ですが、出来るだけ違和感がないように修理を進めさせていただきます。
P1200307使用したのは当店で使用頻度が多い「合成クレープソール」のアメ色です。
P1200308クレープソールと模様は似ていますが、合成ゴム素材なので固さはあります。
P1200309厚みは数段階ありますが、今回は「4mm」のものを使用しました。

ヒールの高さは黒色の「EVA(スポンジ系素材)で高さを再現しています。
P1200310元と比べてさほど違和感なく仕上がったと思います。
P1200311これでまたご使用して頂けますね。
P1200312使用した素材がラバー、スポンジなので今後は劣化する心配なく履いて頂けます。
P1200313加水分解からのオールソール交換は元のデザインによって使用するソールを決めています。

まずはお気軽にご相談下さい。

ありがとうございます。

 

合成クレープソール(アメ色)オールソール交換 ¥10,800(税抜)

納期 2週間以内