MAGNANNI(マグナーニ)ボロネーゼ製法のレザーソールをオールソール交換修理

 

P1170334MAGNANNI(マグナーニ)をお預りしました。
P1170335 靴底はレザーソールになります。

お客様は「オールソール交換」でお持ち頂きました。
P1170337マグナーニの靴は「ボロネーゼ製法」で作られています。

「ボロネーゼ製法」は「マッケイ製法」と類似していますが、より返りが良いのが特徴です。

その理由は、靴の中を見ると足裏があたる箇所に「中底」と言われる革がなく、柔らかいライニング(裏革)が包み込まれるように作られていることになります。P1170336オールソール交換のタイミングはレザーソール中心部に穴が開いたらというのが一般的です。

ですがお預りしたレザーソールは中心部に穴が開いていませんがだいぶ薄くなっている状態なので、ボロネーゼ製法の特徴上返りの良い反面、地面の間隔がダイレクトに感じて不快感を感じた模様です。

ボロネーゼの靴は間に「中物」と言われるコルクや、中底がないので、レザーソールに穴が開いたら「グッドイヤーウェルト製法」の靴よりも注意してお早めに修理をお持ち頂いた方がよいと思います。

P1170338という流れで作業を進めさせていただきました。
P1170485<after>

イタリアのレザーソールを使用して「オールソール交換」しました。

ラバーソール(ゴム)などにも変更は可能ですが、ボロネーゼ製法の返りの良さを活かすにはやはりレザーソールが適しています。

今後はレザーソールが擦り減らないように「ハーフラバー補強」をするのも一つの選択肢ですが、返りは若干損なわれます。
P1170486つま先部はお客様のお好みで「lulu ヴィンテージスティール」で補強しています。
P1170487カカトのトップリフトは耐久性重視でビブラム社のラバーを使用しました。
P1170488 オールソール交換の際にどのような仕様にするかご希望がございましたらお気軽に言っていただければと思います。
P1170489店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

安心してお任せください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

lulu ヴィンテージスティール ¥3,000(税抜)

納期 2週間以内