OTSUKAチャッカブーツ ダイナイトソールのオールソール交換のタイミング

P1070664OTSUKA(大塚製靴)のチャッカブーツをお預りしました。

靴底の修理でお持ち頂いたのですが、お客様から「どう修理したら良いですか?」とご相談いただきました。

P1070667 ソールは高級靴で使用されるイギリスの「ダイナイトソール」のラバーソールです。

カカトの「ダイナイトヒール」は積み上げ部にギリギリの状態なので交換のタイミングになります。P1070669「ダイナイトソール」はラバーに穴は開いていませんが、中心部がだいぶ薄くなり、「出し縫い」のステッチも前半分切れています。

レザーソールと違ってラバーソールは修理のタイミングが難しいと思います。

ダイナイトソールに関しては 「ソール中心部の凸凹がなくなっている状態」がオールソールするタイミングと考えています。

今回、カカトのトップリフトのみ交換しても、そう遠くないタイミングでソールに穴が開くと予想されます。P1070666ストレスなく履いていただけるように、このタイミングで「オールソール交換」でしっかり修理させていただきます。P1070755「グッドイヤーウェルト製法」なので使用可能なラバーソールの選択肢は多くありますが、オリジナルと同様に「ダイナイトソール」をお選びいただきました。

いざ新しいソールを見ると、以前の状態がだいぶ擦り減っていたのが解ります。

P1070756店頭での受付だけでなく「郵送」でも修理をお受けしています。

お気軽にご相談ください。

ありがとうございます。

 

ダイナイトソール オールソール交換 ¥14,800(税抜)

納期 2週間以内