Paraboot(パラブーツ)MICHAEL(ミカエル)すり減ったカカトをビブラム5870ラバートップリフト交換修理

P1180494 Paraboot(パラブーツ)のメンズMICHAEL(ミカエル)をお預りしました。
P1180495 お客様は当店の過去のパラブーツ修理ブログをご覧いただき、お越し頂いた流れです。
P1180496 カカトの擦り減りが気になっておられました。
P1180497靴の作りは「ノルウィージャンウェルト製法」になります。

大きくは「グッドイヤーウェルト製法」とほぼ同じで、違いはウェルトの取り付け方が異なる点です。
P1180498 ウェルトとミッドソールを「出し縫い」で縫い、アウトソールのパラブーツ純正のラバーソールは接着剤で貼り付けています。

P1180499 この靴底はソールとヒールが繋がっている「一体型ソール」になり、修理の際にカカト部分のみを取り外せない構造になっています。
P1180500 当店ではパラブーツのカカト修理ではビブラム社の「5870ヒール」を使用するのをオススメしています。

デザインは違いますが、凸凹ギザギザの雰囲気は似ていると思います。
P1180501 厚みが7mmあり、
P1180503 元の高さから7mmの箇所に印をつけ、この部分より下を削って加工します。
P1180504トップリフトを取り付けて完成です。
P1180505 違和感なく仕上がったのではないでしょうか?
P1180506サイドからの見た目も問題ありません。
P1180507今後は今回取り付けたトップリフトを交換のタイミングの目安で考えていただければと思います。

前部のソール中心部が擦り減ってきた際には「オールソール交換」で靴底を全体作り替えることも可能です。
P1180508店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

丁寧に作業をさせていただくので安心してお任せください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯5870 ラバートップリフト交換 ¥3,200(税抜)

納期 当日~翌日