repetto(レペット)バレエパンプスのソールの縫い糸が切れたスタッチ&リターン製法の構造を手縫いで縫い直す修理

P1180566 repetto(レペット)のバレエパンプスをお預りしました。

レペットの靴はバレエシューズの為、返りの良さなどを求め一般的な靴とは違う構造で作られています。

なのでダメージ具合、またその修理方法も普通とは異なります。

レペットの特徴を理解した上で手順よく作業を進めさせて頂きます。
P1180567靴底はレザーソールのままで履かれていました。
P1180568状態を確認すると、
P1180569つま先の縫い糸が切れていました。

レペットのバレエパンプスは「ステッチ&リターン製法」と呼ばれるレペットだけの特殊な作り方で靴が作られています。

接着剤を使わずにレザーソールとアッパーは一周縫って繋がれています。

今回はつま先部のその縫い糸が切れてしまった状態です。

修理ではこの部分を縫い直す形になります。

P1180570まずは靴を裏表ひっくり返します。

ライニング(足があたる靴の内側)が表になりました。
P1180571そして切れていた箇所を
P1180573加工した針と糸を使って手縫いで縫い直します。

元は上糸と下糸を使った「機械縫い」なので1箇所の糸が切れてしまったら縫いのほつれが広がりますが、修理の場合は1本の糸を使った「手縫い」なので万が一切れてもほつれが広がることはありません。
P1180574縫い終わったので靴をひっくり返して元に戻しました。
P1180584そしてレザーソールが擦り減らないように「ハーフラバー」で補強しています。
P1180586 これで安心して履いて頂けます。P1180585レペットの修理依頼は大変多くお受けしています。

丁寧に作業をさせていただくので安心してお任せください。
P1180588店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

お気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

ステッチ&リターン製法の縫い直し(片足) ¥3,000(税抜)
※両足の場合は¥5,000(税抜)

vibram 1mm厚ハーフラバー(アメ色) ¥2,500(税抜)

納期 3日~1週間ほど