SalvatoreFerragamo(サルバトーレ フェラガモ)レディーススニーカーの加水分解で劣化した靴底をオールソール交換修理

こんにちは。柴田です。

P1260385

Salvatore Ferragamo(サルバトーレフェラガモ)のレディーススニーカーをお預りしました。P1260386

ベージュのスムースレザーとスエードを組み合わせたアッパーに、P1260387

ウレタンのソールが使用されています。

P1260388

このウレタンソールが全体的に擦り減っているのに加え、加水分解で劣化して屈曲部から割れてしまっています。

P1260389

この状態では履きつづけられないので、靴のイメージが大きく変わらないようソールを新しく作り替えます。P1260390

スニーカーのソールの作りは通常の革靴とは違った構造のものが多いですが、P1260391

こちらもカカトのヒール部分がアウトソールで覆われているような形で、つま先やサイド部分はアッパーの方にもソールを沿わせてあります。

かかとの再現は出来ますが、アッパーに沿わせるようにソールを付けることは出来ないのでなるべく違和感を感じない方法で作業を進めます。P1260425

〈after〉

アメ色の合成クレープソールを使用しました。

P1260426

天然クレープの模様を付けた合成ゴムのソールで、厚みは4mm・6mmをご用意しています。

こちらは元のイメージに近い、4mmのものを使用しています。

P1260427

かかとにはベージュのスポンジ材で高さを付け、その上から合成クレープを取り付けているので元の形と近いイメージに仕上がっていると思います。P1260428

後ろから見ても違和感なく、擦り減りでバランスが悪くなっていたのも解消されました。

P1260429

ソールを沿わせて貼ることが出来ないつま先や、P1260430

サイド部分は、ソールを剥がした跡が残ってしまうので、そこにアッパーで使われている革と似た革をあてています。P1260431

近い革があったので元々のデザインだったように自然に仕上がっていると思います。P1260432

こういったレザースニーカーはソールがダメになってもアッパーが綺麗なものは、ソールを作り変えればまだまだ履いて頂けます。

似た雰囲気に作り替えるのはもちろん、あえて違うデザインのソールを使用してカスタムするのも気分転換にいいかもしれないですね。

店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

気になる事がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

オールソール(合成クレープソールアメ色4mm)+スポンジヒール ¥10,800(税抜)

納期 2週間以内