TOD,S(トッズ)ドライビングシューズをレザーでオールソール交換修理

P1110306TOD,S(トッズ)メンズドライビンシューズの修理をお預かりしました。

HPからお問い合わせ後、板橋区よりお持ちいただきました。  P1110309ドライビングシューズではよくある内容の靴底の修理です。 P1110310ソール前部は地面との摩擦で穴が開いており、P1110311特にカカト部分は大きくダメージが見られます。P1110307「ドライビングシューズ」は運転用の靴で、路上を長く歩くことを想定して作られていないので、P1110308このようにダメージが広がってしまいます。P1110312 今の状態を改善するために「オールソール交換」で靴底を全体作り変える修理をさせていただきます。

「返りの良さ」がメリットのドライビングシューズですが、耐久性を重視で作業をさせていただきます。P1110476「レザーソール」か「合成ラバーソール」を使用させて頂く事が多いですが、お客様のご要望で高級仕様のレザーソールを使用させていただきます。P1110477 レザーソールに「マッケイ縫い」をかけ、しっかり底付けします。

そしてレザーソール、ステッチの磨り減りを防ぐために、P1110485あらかじめハーフラバー補強をしています。      P1110484カカトのレザーソールを保護するためにラバーのトップリフトで6mmほどのヒール加工をしています。P1110482以前と履き心地は変わりますが、これで安心して履いていただけます。P1110481破れていた部分は革で補強をしています。P1110479ソールに厚みが出来るのでアッパーのつま先部にもダメージが広がる心配はありません。P1110480 しっかりした仕様ですね。P1110486店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

お気軽にご連絡ください。

ありがとうございます。

 

Italy  レザーオールソール ¥13,800(税抜)

FILIPS ハーフラバー ¥3,000(税抜)

アッパー革補強 ¥2,500(税抜)

納期 2週間以内