TOD,S(トッズ)靴底に穴が開いたドライビングシューズを合成クレープソールでオールソール交換修理

P1150309千葉県よりTOD,S(トッズ)のメンズ・ドライビングシューズをお持ち頂きました。  

P1150310 今回ご紹介する修理内容は過去にも多く同様の修理をさせていただいてますが、トッズのドライビングシューズを履かれている方は皆様お悩みの状態なので改めてアップします。  

P1150313靴底はウレタン素材の凸凹があります。

P1150312ドライビングシューズはその名の通り、本来は「車の運転用の靴」なので日常の路上履きに使用されると不具合が生じます。

P1150314カカト部分が擦り減るので、お客様は過去に修理店でラバー(ゴム)を貼っておられました。

P1150315ですが擦り減る場所はカカト後部だけでなくサイド部分、

P1150316ソール中心部、

P1150317つま先部など広範囲になります。

P1150318お客様はこれからも大切に履いていきたいとの事で、問題を改善するように修理をさせて頂くことになりました。

P1150476<after>

「合成クレープソール」の黒を使用して「オールソール修理」をしました。

P1150477「マッケイ縫い」をかけ、今後は修理しやすいようにヒールを取り付けました。

P1150474これでカカト部分が地面と擦れる心配はなく履いて頂けます。

P1150473つま先部分も問題ありません。

P1150475使用するソールはレザーソールなど他の選択肢も可能です。

合成クレープソールは柔らかいので、ドライビングシューズ特有の「返りの良さ」もさほど損なわずにソールが取り付け出来ると考えています。

P1150472店頭だけでなく郵送でもお受けしています。

お気軽にご相談下さい。

ありがとうございます。

 

合成クレープソール オールソール交換 ¥10,800(税抜)

納期 2週間以内