chausserサンダル ハーフラバー

Chausser(ショセ)のTストラップサンダルをお預かりしました。

実は個人的にショセの靴のデザインはメンズ、レディース共に好きなんです。

最近はついついメンズの靴修理紹介が多くなってしまったんでこれからは積極的にレディースも取り上げていこうかと思います。P1030093ショセの靴はデザイナーさんが靴作りに精通していることもあり、基本をしっかり押さえながらデザインも独自の視点でアプローチしていてとてもいい感じと思います。 P1030094 一度履いた状態で常連のお客様に【ハーフラバー】をお持ちいただきました。

ハーフラバーは靴底にラバーを貼る一般的な修理メニューですが、店により作業の手間の掛け方は違うので仕上りが大きく違います。

apegoでは「履いてる靴をその場でハーフラバー」はお断りしてますが、手間を掛けて綺麗になる仕上がりを心掛けているので簡単にご説明したいと思います。P1030095 革底のハーフラバーを貼るラインを設定し、ラバーとソールに段差が出ないように革包丁で慎重に削ります。P1030096 コンマ数ミリ単位を細かくヤスリで整えます。P1030097加工したハーフラバーを合わせてみてラバーの厚みとソールの加工部分が完璧に合うかチェックします。 P1030098 問題なければ接着面全体を機械で薄く削り接着剤が付きやすいようにします。

この後、貼り合わせてコバ(ソールの横の部分)を整えて仕上げ直します。P1030103ソールからハーフラバーにかけて隙間、段差なくフラットになるよう違和感のない自然な仕上がりを心がけています。 P1030104レディースのサンダルのハーフラバーのご依頼が最近多く感じます。

革底の靴はハーフラバーを貼ることをオススメします。

遅い時間にお持ち頂かなければ当日中にお渡し出来るのでご安心してお任せください。

 

vibram 1mmハーフラバー ¥2,500(税抜)

納期 当日~翌日

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com