スニーカーのカウンターライニング修理

P1020699 スニーカーの修理をお預かりしました。カカト内側の素材にダメージがあるので、紳士靴と同様に【カウンターライニング】の修理をします。

ですが、革靴とスニーカーの吐き口は基本的に作り方が違うので、通常とおりにはいかないケースが多々あります。P1020697 「お持ち頂いた靴の作り+ダメージの範囲+自分の技量」を掛け合わせて一番良い方法で修理するよう心がけています。P1020698吐き口に縫い目が入らないように革を縫い割って修理しました。 P1020707 アッパーは白のスエードを染料で深いグリーンに染め替えました。

そしてそのスエードを元あるデザインのように当てています。

修理方法は人により様々と思いますが、今回のケースでは最善ではないでしょうか?P1020706修理方法で頭は悩ませますが、お気軽にご相談下さい。

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com