フェラガモ コマンドソールでのオールソール交換

p1050219 Salvatore Ferragamo(サルバトーレ フェラガモ)のローファーをお預かりしました。p1050221 フェラガモの靴は同じローファーでも、色々な構造で靴を作っています。

今回お預かりしたのはウレタン系材質で、ソールとヒールが一体型のものになります。p1050220靴底は凸凹のグリップ力がある構造です。

そこまでダメージはないと思ったのですが、お客様は遠方から【オールソール交換】の修理でお持ち頂きました。 p1050223 カカトは若干擦り減っていて、空洞が少し見えています。

一体型ソールは軽量化の為に内側の構造が凹の形に空洞しています。

この状態だと通常は「コーナーハーフ」のメニューで部分的に補強する修理をおこないます。p1050222画像では分かりにくいですが、ソールの中心部は 薄くなってきて空洞化した部分の穴が出てきそうな状態です。

ここは部分的な修理が出来ない箇所になります。

お客様は今後ストレスなく履きたいとのご要望でしたのでオールソールで靴底を全体作り直します。p1050284 お客様とオールソールサンプルを見ながら使用したのはイギリスの「コマンドソール」になります。

トップリフトも「コマンドヒール」を使用しています。

通常は「グッドイヤーウェルト製法」または「ハンドソーンウェルト製法」の靴に使用されるソールですが、今回は強力な接着剤でアウトソールを接着しています。p1050285アッパーとアウトソールの間はレザーのミッドソールを挟み、マッケイ縫いをかけています。

今後はトップリフト交換のみ、アウトソール交換もスムーズに行えます。

デメリットは元のソールより若干厚くなるのと、ラバー素材なので重くなる点になります。

p1050283お客様には喜んでいただけて良かったです。

店頭にはオールソールなどの見本がたくさんございますので修理の仕上がりのイメージがお伝えしやすいと思います。

お悩みや考えていることがございましたらお気軽にご相談いただければと思います。

ありがとうございます。

 

コマンドソール オールソール交換 ¥15,800(税抜)

レザーミッドソール(3mm厚) ¥2,500(税抜)

納期 2週間以内