フェラガモ ドライビングシューズのコーナーハーフ修理

P1030531 ドライビングシューズの修理をお預かりしました。

ドライビングシューズはTOD、s(トッズ)が有名ですが、こちらはSalvatore Ferragamo(サルバトーレ、フェラガモ)のシューズになります。P1030533ドライビングシューズは通常の革靴とは靴底の構造が違うため、カカトが擦り減るとアッパー(靴の表革)にダメージが広がりやすい傾向にあります。

元々、長時間の路上の歩行を想定してドライビングシューズは靴を作られていないので、長く履き続けるには靴の状態を小まめに確認して修理をするのが良いと思います。 P1030534<before>

今回、お客様はいいタイミングでお持ちいただきました。

カカトが擦り減ってきていてほんの少しアッパーにダメージがあった状態です。 P1030545 <after>

擦り減ったカカト部分に傾斜をつけラバー素材で【コーナーハーフ】修理しました。

元と同じ厚みにまで戻しています。新しく取り付けたラバーは元のデザインをイメージして真ん中でカットしました。

またこのラバーがなくなるタイミングで修理をお持ち頂ければと思います。

P1030532 <before>

後ろから見た元の状態です。P1030544 <after>

画像では分かりにくいですが、ラバーで厚みがかなり増しています。

P1030546ドライビングシューズの状態でお悩みのお客様は大変多く感じます。

今回の修理内容以外にもオールソールで靴底を作り替えるなど、おそらくお客様が思っている以上に修理出来ることが多いです。

安心してお任せしていただければと思います。

ありがとうございます。

 

コーナーハーフ修理(メンズ) ¥2,200(税抜)

納期 当日~翌日 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com