aestasフルオーダー納品~オックスフォードプレーントゥ~

こんにちは、aestasの石川です。

早いもので2月も最終週です。寒さが戻ってきた中での東京マラソンですので、応援に出掛ける方も暖かく着込んで下さいね。

さて、今回は内羽根式のプレーントゥを納品致しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内羽根のモデルのなかではストレートチップやフルブローグが人気ですが、足元をスマートに演出するには切り替えのないプレーントゥもお薦めです。

ストレートチップに押されてしまい、意外ですが既製品ではあまり見掛けません。

お客様も注文される前に色々と勉強されたようで、よりフォーマルなこちらのプレーントゥをお選びになりました。

靴自体をオーダーされる前は中敷きをオーダーしてお持ちの靴に入れられており、木型から削った場合には中敷きでの調整がいらなくなることを不思議に感じられたようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フルオーダーでは、お客様お一人お一人の足に合わせて専用の木型をお作りしますので、アーチ形状なども木型を削り込むことで再現します。

中敷きでの調整も良いのですが、スポンジ素材などでは汗を吸収してくれませんのでどうしても蒸れやすく、臭いなども気になります。

脱いだ時の見た目もいまいちパッとしません。

そういった点では木型上でアーチを作り、革の中底で再現してあげることで足馴染みの良い靴になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中敷きも真っ赤な革で、脱いだ時もインパクト大です。

IMG_20180214_144618_732今回の靴はハンドソーンウェルト製法にて製作致しました。

既製靴で多いグッドイヤーウェルト製法と構造は似ているのですが、ウェルトと呼ばれる細革を中底に直接手縫いしていくこちらの製法の方が靴の返りが良く、コルクなどをほとんど使用しないので、履き馴染んだ後もフィッティングが緩くなることはほとんどありません。

接着剤がなかった頃からの昔ながらの作り方ですが、今なお靴作りの最高峰に位置づけられる製法です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マッケイ製法に比べて、ウエストを細く絞れるため全体的に細身のシルエットになります。ハーフラバーを貼ることで滑りも心配なくなりました。

ハンドソーンウェルト製法はマッケイ製法に比べて堅牢な作りになっていますので、末永く愛用して頂きたいと思います。

 

【今回の靴】

オックスフォードプレーントゥ

靴代・・・¥160,000-(ハンドソーンウェルト製法)

  ※マッケイ製法の場合¥98,000~

革・・・アノネイ社カーフ+¥10,000

ソール・・・レザーソール+ハーフラバー

※初回は別途木型制作代として¥50,000-頂戴致します。2足目以降フィッティングに関する調整代は掛かりません。

※現在の納期は約4ヶ月。

※価格は税抜き。

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com