aestasフルオーダー納品 ~外羽ストレートチップ~

こんにちは、aestasの石川です。

ここ最近、外羽根(ダービー)のストレートチップのご注文が多くなっております。今回納品しました靴もこちらの黒のストレートチップです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

オーダーの一足目として外羽根を勧めていることもありますが、特にお仕事でスーツに合わせて履けるようにとご注文を頂く際にはこちらのデザインでお受けしております。

内羽根(オックスフォード)と比較してフォーマル度は少し下がりますが、その分多少崩したスタイルでも履いて頂けるため使用頻度は高いと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらのお客様は、既製靴を履くといつも小趾が圧迫され痛みを感じるとのことで、その箇所には胼胝もできていました。

同様に小趾が痛いとおっしゃられるお客様は多くいらっしゃいます。このような小趾の痛みの原因の多くは靴の中で足が外側に流れてしまっていることにあります。

どうして外に流れてしまうかは様々ありますが、大きく2つ挙げますと、親趾が真っすぐに生えている場合、土踏まずのアーチが崩れて足首が内側に倒れてしまっている場合です。

まず前者ですが、既成靴ではつま先の先端が靴の中心に向かって集束していることがほとんどで、親指が真っすぐの方ですと圧迫を受けやすく外側に押されるように足が納まります。

その状態で歩行をすることで、常に親趾から小趾側へと体重が流れ、最も外側に位置する小趾に負荷が集中し痛みを生じます。

後者の場合は、足首が内側に倒れることで足全体が外振りになることから靴を履いた際に小趾に負荷が集まります。この場合にはアーチの潰れを支え、足を正常な向きに納まるように調整する必要があります。

どちらのケースにしても、いつも痛みを感じる方は小趾を見てみて下さい。三角形に潰れていませんか?潰れてしまっている方は常に小趾が窮屈な状態で靴を履いています。足にとって、小趾はバランスを取るために大変重要な役割を持っています。しっかりと機能させるためには、足に合った靴選びが必要になります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とはいえ、靴選びにも大変な労力が掛かります。フィッティングはいいけれど、デザインが気に入らない。デザインは気に入ったけれど趾が窮屈で・・・と、なかなか条件を満たしてくれる靴と巡り合うには時間が掛かります。

靴に限らず、オーダーメイドの製品はその労力を省くという点ではとても合理的なものだと思います。aestasでは、お客様のお悩みに向き合って末永く足元をサポート出来るよう尽力しております。

是非お気軽にお問合せ、ご来店下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

<今回の靴>

外羽根(ダービー)ストレートチップ

靴代・・・¥98,000-(マッケイ製法)

  ※ハンドソーンウェルト・ノルベジェーゼ製法の場合¥160,000~

革・・・国産キップ

底・・・レザーソール + ハーフラバー

 

※初回は木型製作代として別途¥50,000-頂戴致します。2足目以降は掛かりません。

※現在の納期は約3か月です。

※価格は税抜き。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com