Benson,s(ベンソンズ)ローファーの靴底が薄くなったボロネーゼ製法の靴底をレザーオールソール交換修理

P1280738こんにちは東です。

Benson,s(ベンソンズ)のスリッポンをお預りしました。

P1280739イタリアの靴工房で作られた模様です。

作り、革質共にいい感じです。

P1280740靴底はレザーソールでイタリアの製法「ボロネーゼ製法」になります。

「ボロネーゼ製法」は「マッケイ製法」と構造はほぼ同じですが、マッケイ製法にはある「中底」がないのでより足あたりが柔らかく、軽く、返りが良いのが特徴です。

P1280741状態を確認するとレザーソール中心部は指で押すと凹むくらい薄く擦り減っていました。

「ソール中心部に穴が開くとオールソール交換」がソール交換の目安ですが、靴に「中物」と言われるコルクや「中底」の革がないボロネーゼ製法の靴はソールが薄くなると、他の製法の靴に比べて地面と感触をダイレクトに感じます。

なのでソールに穴が開く手前で「オールソール交換」をする方が望ましいと考えています。

P1280742オールソール交換は「グッドイヤーウェルト製法」「ボロネーゼ製法」など構造により求められる技術は異なります。

P1280744今回のボロネーゼ製法の靴特有の履き心地を損なわないように意識して作業を進めます。

P1280829<after>

再現するようにレザーソールでオールソール交換をしました。

P1280830一つだけ変更点は、今後ソールが擦り減らないようにこの時点で「ハーフラバー補強」をしました。

P1280831レザーソールにハーフラバーを貼ると「通気性が落ちる」「返りが固くなる」なるとも言われますが、極度にそうなる訳ではないと考えているので、今回は耐久性重視をご選択されました。

P1280832ソールにも厚みが出ないよう元の状態を意識して仕上げました。

P1280834カカトはイタリアのラスターを使用しています。

P1280835ヒールの積み上げも革で厚みを作りますが、こちらもバランス等を再現しています。

P1280836これで安心してP1280837履いて頂けます。P1280839店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

Italy ラスター レザートップリフト +¥1,300(税抜)

納期 2週間以内

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com