Berwick(バーウィック)靴底をビブラム2055ソールへオールソール交換修理

P1430019 Berwick(バーウィック)のタッセルローファーを練馬区よりお持ちいただきました。P1430020 アッパーの状態は良好ですが、P1430021 この度は靴底の状態でご相談をいただきました。P1430022 カカトは大きく擦り減っているので交換が必要なタイミングですが、P1430023 ラバーソールも中心の凸凹が無くなってきたら「オールソール交換」で靴底を作り変えてもよいタイミングです。

現在のダイナイトソールからより耐久性があるラバーソールへ交換をすることとなりました。P1430141 <after>

元の靴のイメージを変えないようにP1430142 見たデザインの「ビブラム2055」ラバーソールを使用させていただきました。P1430143 ラバーの素材、厚みが違うのでダイナイトソールより耐久性という点では勝っています。P1430144 見た目も違和感はないと思います。P1430145 これで安心してP1430146 履いていただけます。P1430147店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯2055ソール(黒)オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間以内

Berwick(バーウィク)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com