CAMPER(カンペール)加水分解で劣化したメンズシューズの靴底をビブラム1030ソールでオールソール交換修理

P1510268 CAMPER(カンペール)のメンズシューズをお預かりしました。
P1510269 カンペールでよく見られるデザインシューズです。

アッパーの状態は問題ありませんが、P1510270 靴底を確認すると、P1510271 カカトが擦り減っています。

この状態であれば「コーナーハーフ」というカカトの部分補強修理が可能です。

ですが、P1510272 ソール前部を確認すると、経年劣化で割れている状態でした。

こうなると部分補強では修理が出来ないので、靴底全体を作り変える必要があります。P1510273 ただ、今の特殊な形状の靴底を再現することは不可能なので、P1510274 ソール交換では少しデザインが変わってしまいます。P1510275 出来るだけブランドイメージを損なわないように加工をさせて頂きました。P1510311 <after>

使用したのは「ビブラム1030ソール」です。P1510312 ラバー(ゴム)ソールなので今後は劣化する心配なく履いていただけます。P1510313 これでP1510314 安心して
P1510315 履いていただけます。P1510316店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯1030ソール オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間以内

Camper(カンペール)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com