Church,s(チャーチ)のRYDER(ライダー)スエードチャッカブーツをリッウェイソールでオールソール交換修理

P1530131 Church,s(チャーチ)のRYDER(ライダー)をお預かりしました。P1530132 過去に何度もブログでご紹介していますが、秋冬場になると修理のご依頼が増えるチャーチのライダーです。

人気があるモデルだと思われます。P1530133 靴底は生ゴム素材のクレープソールですが、P1530134 珍しく穴が開いています。

この状態になると「オールソール交換」で靴底全体を作り変える必要があります。P1530135 再現するようにクレープソールでの交換は可能ですが、P1530136 このライダーは皆様、別ソールに変更されるのをご希望されます。P1530137 お客様お好みの仕様へP1530138 しっかりと修理を進めさせていただきます。P1530279 ラバーソールの種類は数多くありますが、
P1530280 お選びいただいたのは同じイギリスの「リッウェイソール」で相性がいいと思います。P1530281 「レザーミッドソール」を挟んでダブルソール仕様に加工をしています。P1530282 スエードのアッパー&ラバーソールで雨の日でも活躍していただけます。P1530283 これで安心してP1530284 履いていただけます。P1530285店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

リッウェイソール オールソール交換 ¥15,800(税抜)

レザーミッドソール +¥2,500(税抜)

納期 2週間以内

Church,s(チャーチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com