Church,s(チャーチ)レディースのスタッズシューズの靴底をビブラム2055ラバーソールでオールソール交換修理

P1560666 Church,s(チャーチ)のレディースのスタッズシューズをお預かりしました。P1560667 「マッケイ製法」で作ら手たイタリア製のモデルです。P1560668 メンズ、レディース共にチャーチで定番化したアイテムですね。P1560669 靴底は純正の状態で修理のご依頼です。P1560670 レザーソールのタイプで、まだソール中心部に穴が開いたりはしていない状態です。P1560671 この場合「ハーフラバー」で補強をされるケースが大半ですが、擦れで薄くなってきていることもあり、お客様は「オールソール交換」で靴底全体交換をご希望されました。P1560672 元と同じように「レザーソール」でソール交換も可能ですが、P1560673 お客様はより耐久性がある「ラバーソール」への変更をご希望されました。P1560674 お客様好みにしっかりと修理をさせていただきます。P1560870 小さいサイズのレディースシューズなので、どんなラバーソールでも使用可能な訳ではありませんが、P1560871 「ビブラム2055ソール」でしっかりと加工をさせて頂きました。

「マッケイ縫い」で縫っているので靴底が剥がれる心配はございません。P1560872 以前より耐久性、グリップ力は飛躍的に向上しています。P1560873 サイドから見た感じではレザーソールとの違いもほとんど感じないと思います。P1560874 これでP1560875 安心してP1560876 履いていただけます。P1560877店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯2055ソール オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間ほど

Church,s(チャーチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com