Church,s(チャーチ)2足の穴が開いた靴底をレザーオールソール交換修理

P1530687 Church,s(チャーチ)2足をお持ちくださいました。

年末が近づいたタイミングで修理のご依頼をいただきました。P1530688 まずは黒のプレーントゥです。P1530689 靴底は純正な状態でP1530690 レザーソールに穴が開いている状態でした。

こうなると「オールソール交換」で靴底全体を作り変えるタイミングです。P1530691 つま先は深く擦り減っていますが、幸い「ウェルト」にまではダメージがない状態でした。

もしウェルトを交換が必要な場合は「リウェルト」という修理となり、費用、納期の負担が大きいのでお気をつけていただければと思います。P1530692 もう1足は茶色のウィングチップです。P1530693 こちらも同じくP1530694 レザーソール交換をしますが、「レザーミッドソール」も穴が開いているので、ミッドソール交換も行う必要があります。P1530969 <after>

オールソール交換の完成です。P1530970 レザーソールにP1530971 レザー&ラバーの「ダヴテイル」で再現するように修理をしました。P1530972 これで安心してP1530973 履いていただけます。P1530974店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

Italy レザーミッドソール交換 +¥2,500(税抜)

国産ダヴテイル レザートップリフト +¥1,300(税抜)

納期 2週間以内

Church,s(チャーチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com