Church,s(チャーチ)CONSUL(コンサル)の穴が開いた靴底を再現するようにレザーオールソール交換修理

P1510039 Church,s(チャーチ)を神奈川県より郵送でお預かりしました。
P1510040 内羽根ストレートチップの名作モデル「CONSUL(コンサル)」です。

チャーチでお預かりする機会が多い靴です。P1510041 靴底を確認するとP1510042 レザーソール中心部に穴が開いている状態です。

この状態になると「オールソール交換」で靴底全体を作り変える必要があります。P1510043 「グッドイヤーウェルト製法」のソール交換は様々な仕様に修理が可能ですが、今回お客様は元を再現する仕様をご希望されました。P1510223 <after>

オールソール交換の完成です。P1510224 レザーで作り変え、ソールはライトブラウンカラーに染めて仕上げています。P1510225 カカトはレザー&ラバーの「ダヴテイル」です。P1510226 靴底も新しくなり、P1510227 これで安心してP1510228 履いていただけます。P1510229店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

国産ダヴテイル レザートップリフト +¥1,300(税抜)

納期 2週間以内

 

過去のチャーチの修理事例です。

Church,s(チャーチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com