Church,s(チャーチ)shannon(シャノン)の穴が開いて靴底を再現するようにレザーオールソール交換修理

P1560324 Church,s(チャーチ)を中央区よりお持ちくださいました。P1560325 ここ最近、お預かりする機会が多いモデルのshannon(シャノン)です。P1560326 靴底の修理のご依頼です。

純正の靴底に、過去に「つま先ラバー」で補強修理がされています。
P1560327 ですがレザーソール中心部に穴が開いたので、この度は「オールソール交換」で靴底を作り変える修理となります。
P1560328 ダブルソールでソールが2層の構造になります。

間の「レザーミッドソール」はほぼダメージがないのでそのまま残し、ヒールを含むアウトソールを交換します。
P1560544 <after>

元を再現するように修理をさせて頂きました。P1560545 レザーソールをオープンチャネルで加工をし、ライトブラウンカラーに染めて仕上げました。P1560546 今後つま先は擦り減らないように、この時点で金属製の「luluヴィンテージスティール」を取り付け、しっかりと補強をしています。P1560547 カカトはレザー&ラバーの「ダヴテイル」です。P1560548 厚みもしっかりと戻り、P1560549 これで安心してP1560550 履いてP1560551 いただけます。P1560552店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

国産ダヴテイル レザートップリフト +¥1,300(税抜)

lulu ヴィンテージスティール ¥3,000(税抜)

納期 2週間以内

Church,s(チャーチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com