DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)メンズサイドゴアブーツの穴が開いた靴底をレザーオールソール交換修理

P1520881 DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)のメンズブーツをお預かりしました。P1520882マッケイ製法で作られたサイドゴアブーツになります。

つま先が長いポインテッドトゥです。P1520883 靴底を確認すると、P1520884 レザーソール中心部に穴が開いています。

この状態になると「オールソール交換」で靴底全体を作り変える修理になります。

同じようにレザーソールで交換修理をさせて頂きます
P1520885 カカト部分はラバーの中に金属が埋め込まれた珍しいデザインです。

この部分は再現できないので別のトップリフトで交換修理をします。P1520886 つま先のシルエットやコバの出幅などがこのブーツの特徴になります。

ソール交換をすることでブランドイメージが損なわないようにするのがポイントです。P1520887 しっかりと修理をP1520888 進めさせていただきます。P1530058 <after>

オールソール交換の完成です。P1530059 レザーソールを縫い目を隠す「ヒドゥンチャネル」で加工をし、ブラウンカラーに染めて仕上げました。P1530060 カカトは滑らないようにビブラム社のラバーを使用しています。P1530061 違和感はないと思います。P1530062 これでP1530063 安心してP1530064 履いていただけます。P1530065店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

ヒドゥンチャネル +¥2,000(税抜)

納期 2週間ほど

Dolce&gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com