foot the coather(フットザコーチャー)クレープソールの厚底2足をビブラムソールでオールソール交換修理

P1510711 foot the coather(フットザコーチャー)2足を渋谷区よりお持ちくださいました。

当店でお預かりするフットザコーチャーで一番多い修理内容をご紹介します。P1510712 短靴のモデルとP1510713 ブーツのモデルです。P1510714 靴底は黒のクレープソールになり、P1510715 擦り減ってきているので修理をさせていただきます。

この場合、「カカトのみ部分修理」「再現するように黒のクレープソールでオールソール交換」が可能です。

ただクレープソールは独特の劣化が起きるので、別ソールに変更したいとのご依頼が多いです。
P1510746 <after>

なのでいつもと同様、別ソールへ「カスタムオールソール」をさせていただきました。P1510747 使用したのは「ビブラム4014ソール」の黒です。P1510748 そのままでは元の厚みよりだいぶ薄くなるので、10mm厚のEVA(スポンジ素材)で厚みを出した後、4014ソールを接着しています。

これで元のボリューム感を再現します。P1510749 ただ靴底に厚みがあると、歩行時につま先が引っかかりやすいので、EVAと4014ソールの間が少し開いてくる可能性があるかもしれない点はご了承お願い致します。P1510750 これで気分新たにP1510751 履いていただけます。P1510752 2足とも同様にP1510753 加工をさせていただきました。P1510754店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯4014ソール(黒)オールソール交換 ¥10,800(税抜)

納期 1~2週間ほど

Foot The Coather(フットザコーチャー)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com