GUCCI(グッチ)スニーカーの加水分解で劣化した靴底をデザインを変えて作り変えるオールソール交換修理

P1530655 GUCCI(グッチ)のメンズスニーカーを埼玉県より郵送でお預かりしました。P1530656 古いグッチのスニーカーになります。

アッパーの状態は問題ありませんが、P1530657 靴底を確認すると、P1530658 ウレタン素材のソールは「加水分解」による経年劣化で割れている状態でした。

お客様はこの状態になり、長くご自宅で保管をされていた模様です。

修理が出来ないかとお問い合わせをいただきました。P1530659 この横まで沿ったソール全体を作り変える必要がありますが、元を再現するのは不可能になります。P1530660 なのでデザインが変わっても良い。とご了承をいただいた上、イメージを損なわないようP1530661 靴底を作り替えさせて頂いています。P1530662 特殊な修理になるのである程度お任せになる点はご了承お願い致します。P1530831 <after>

「オールソール交換」の完成です。P1530832 サイドカバー部分はアッパーと近い色合いの茶色のレザーを巻いて加工をし、白のラバーウェルト、白のソールを取り付けて仕上げました。P1530833 靴底に使用したラバーソールはP1530834 イタリアの「SVIGソール」の白です。P1530835 デザインは変わりましたが、お客様に大変喜んでいただけました。
P1530836 ヒールの高さは白のEVA(スポンジ系素材)で加工をしています。P1530837 修理に使用した素材は「レザー」「ラバー」「スポンジ」なので今後は劣化する心配なく履いていただけます。P1530838店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy SVIGソール オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間ほど

Gucci(グッチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com