J.M.WESTON(ジェイエムウエストン)スエードチャッカブーツの靴底をオールソール交換&カウンターライニング修理

P1520093 J.M.WESTON(ジェイエムウエストン)のスエードチャッカブーツをお預かりしました。P1520094 今からの季節に活躍出来そうですね。P1520095 靴の構造はグッドイヤーウェルト製法になります。P1520096 ウエストン純正ソールですが、ソールが薄くなっている&割れが見られるので、「オールソール交換」をさせていただきます。P1520097 ウエストン純正ソールはありませんが、他のラバーソールや、レザーソールで交換をすることが可能です。P1520098 続いて靴の中を確認するとP1520099 ライニングのカカト部分が擦れにより穴が開いている状態でした。

状態が悪化しないようにP1520518 <after>

「カウンラーライニング」という修理メニューで補強をしました。P1520519 ライニング用のレザーで上から革を被せて補強をします。

トップライン(履き口)は縫っているので、脱ぎ履き際に剥がれてくることはありません。P1520520 靴底はラバーソールのP1520521 「ビブラム2055ソール」に交換をしました。P1520522 これでP1520523 心地よくP1520524 履いていただけます。P1520525店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯2055オールソール交換 ¥12,800(税抜)

カウンターライニング(ブーツ) ¥5,000(税抜)

納期 2~3週間ほど

J.m.weston(ジェイエムウエストン)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com