Kapital(キャピタル)ポパイブーツの擦り減った靴底を元を再現するようにクレープソールでオールソール交換修理

P1410548 KAPILAL(キャピタル)のポパイブーツを兵庫県より郵送でお預かりしました。P1410549 過去に何度かポパイブーツは修理をさせて頂いているので、お問い合わせもコンスタントにいただいています。P1410550 靴底はスポンジソールの周りに、生ゴム素材のクレープソールを巻いている構造です。P1410551 カカトが擦り減っているのと、P1410552 クレープソールも劣化してベトベトしている状態なので、これを機に作り変える「オールソール交換」のご依頼になります。P1410553 ソール交換をすると、カカトにあるイカリマークは無くなるのでご了承お願い致します。P1410554 しっかり修理をさせていただきます。P1410555 生ゴムを全て除去し、スポンジだけの状態にし、P1410556 その土台の上にP1410557 新しくクレープソールを取り付けました。
P1410558 流石に新しくなると、P1410559 印象が大きく変わります。
P1410560 これでP1410561 安心してP1410562 履いていただけると思います。P1410563店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

クレープソール オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間以内

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com