LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)モノグラムスニーカーの劣化した靴底を作り変える修理

P1470965 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)のレディースのモノグラムスニーカーをお預かりしました。P1470966 メンズ、レディース共に過去にも多く修理のご依頼をいただいたヴィトンスニーカーです。P1470967 古いモデルのスニーカーになるので、P1470968 靴底はウレタン素材特有の「加水分解」による経年劣化で割れています。P1470969 こうなると「オールソール交換」で靴底全体を作り変える必要がありますが、P1470970 ウレタン素材ならではの靴底の形状は再現するのは不可能になります。P1470971 なのでデザインが変わる点はご了承をいただいた上、出来るだけ違和感がないように加工をさせて頂いています。P1480189 <after>

オールソール交換の完成です。P1480190 使用したのはラバー(ゴム)素材の「合成クレープソール」のアメ色です。P1480191 靴底の厚みはEVA(スポンジ素材)などで形成しています。P1480192 デザインは変わりましたが、違和感はないと思います。
P1480193 これで安心してP1480194 履いていただけます。P1480195店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

合成クレープソール(アメ色) ¥10,800(税抜)

納期 2週間ほど

Louis Vuitton(ルイヴィトン)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com