Maison Margiela(メゾンマルジェラ)ジャーマントレーナースニーカーの靴底が擦り減らないように補強加工

P1550304 Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のスニーカーを埼玉県よりお持ちくださいました。P1550305 2足共に新品状態で、色違いのP1550306 ジャーマントレーナーです。P1550307 お客様は靴底に薄さを感じるのと、擦り減らないように補強をご希望されました。
P1550308 スニーカーは基本、修理をする前提で作られていないので履いて修理をするとどうしても修理痕が出来てしまいます。
P1550309 なので今回はあらかじめ補強をされるのをご希望されました。P1550310 他メーカーのスニーカーでもあらかじめ補強のご依頼が増えてきています。P1550311 必ずしも補強をしてから履かれるのが正解ではないのですが、
P1550312 靴本体が擦り減らないように履かれるのであれば良い選択と思います。P1550318 <after>

靴底全体をしっかりと補強させていただきました。P1550319 ソールの色に合わせ、「ビブラム342ソール」のアメ色をご提案させていただきました。P1550320 見た目は変わりますが、違和感はないと思います。P1550321 ソールが付く分、少し重くなるのと返りが無くなる点はご了承お願い致します。P1550322 今後繰り返し交換修理も可能です。P1550323 これで安心してP1550324 履いていただけます。P1550325店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯342ソール(アメ色)ソール全体補強 ¥8,800(税抜)

納期 1~2週間ほど

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com