MEERMIN(メルミン)チャッカブーツをリウェルト交換からのオールソール交換修理

P1420906 MEERMIN(メルミン)のチャッカブーツをお預かりしました。P1420907 アッパーの状態は良好で、P1420908 この度は靴底の修理のご依頼です。P1420909 メルミン純正のラバーソールです。

一見問題なさそうですが、
P1420910 つま先部あたりの出し縫いのステッチが広範囲で切れていたので、レザーウェルトからソールが剥がれている状態でした。

これを機に「オールソール交換」で靴底全体を作り変えます。P1420911 ですが今回はレザーウェルトにも大きく損傷が見られました。P1420912 ウェルト部も削れておられ、再度靴底を縫うスペースが無くなっています。

この状態の場合、「リウェルト(ウェルト交換)」までする必要があります。

リウェルトはお客様の修理費用のご負担が大きく、修理期間も長くなるので出来れば避けたい内容ですが、「グッドイヤーウェルト製法」「ハンドソーンウェルト製法」などの複式縫いの構造の靴はこのウェルトの状態はとても大切になります。

なのでつま先部が擦り減らないように履かれるのも、ウェルトを守る意味合いが多いと考えています。

小まめな修理や補強をすることで、ウェルトに負荷が掛かるリスクを大きく軽減できます。
P1430414 靴底を剥がし、元のウェルトも取り外し、新しいレザーウェルトを付けた状態です。P1430415 手縫いでウェルトを取り付けます。
P1430416 グッドイヤーウェルトはとても理にかなった構造です。P1430531 そして新しいアウトソールを取り付けました。P1430532 使用したのは耐久性のある「ビブラム2055ソール」とP1430533 2055ヒールです。

他にもレザーソールなどもお選びいただけます。P1430534 ウェルトが新しくなったことで、今後は繰り返しソールのみを交換が出来ます。

出幅もしっかりでき、見た目もいい感じです。P1430535 これで安心してP1430536 履いていただけます。P1430537 「ソール交換」「ウェルト交換」は問題なくお受けしていますが、たまにお問い合わせのある「中底交換」「先芯交換」「カウンター交換」などはお受けしていないのでご了承お願い致します。P1430538店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯2055ソール(黒)オールソール交換 ¥12,800(税抜)

リウェルト(シングルウェルト) +¥9,000(税抜)

納期 1ヶ月前後

Meermin(メルミン)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com