PORSELLI(ポルセリ)スエードのバレエパンプスの靴底全体をタウンユース用に補強修理

PORSELLI(ポルセリ)のバレエパンプスを千葉県よりお預かりしました。

スエードのポルセリは初めてですがいい雰囲気です。 イタリアのバレエシューズの「ポルセリ」はよくお預かりしますが、いつも同じ内容のご依頼です。 バレエシューズの構造なので、ファッション靴として街履きするには靴底の構造が向いてはいません。 レザーソール面は薄いので、擦り減る前に補強をします。 カカトは全面レザーになり、擦り減り&滑るリスクが大変高い構造です。
<after>

出来るだけ違和感がないよう、街履きように加工をさせて頂きました。 地面との接地面を「ハーフラバー」でカバーをし、 元のレザートップリフトは取り外し、全面ラバーに「トップリフト交換」をしました。 これで耐久性、グリップ力が飛躍的に向上しました。 これで気分新たに履いていただけます。店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

2022年8月より価格改定になりました

・FILIPS ハーフラバー(レディース・ベージュ) ¥3,000(税抜)

・vibram ラバートップリフト交換 ¥2,000(税抜)

納期 翌日

PORSELLI(ポルセリ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)