redwingベックマンの加水分解したソールを交換

P1060247REDWING(レッドウィング)のベックマンをお預かりしました。

過去に何度も同様のブログを書いているので、当店ではもうお馴染みの修理メニューですね。P1060248ベックマンの靴底はレザーソールの上にタンク型のウレタン系素材がついています。P1060249ソールが割れかけています。

ウレタン系素材はいずれは「加水分解」と言われる経年劣化が起きます。

このようになると劣化は進行していくのみで止めようがないので修理で新しく交換します。P1060326今回使用したのはイギリスの「ダイナイトロジャー」ハーフラバーになります。

同様にタンク型であるのと、素材はラバーなので今後は加水分解による劣化の心配はなく履いて頂けます。P1060327ウェルト~アウトソールのラバーにかけて、新しく出し縫いを「縫い直し」ます。P1060325加水分解による劣化は残念ながらかならず起こります。

ご自身のベックマンの状態がそうであれば修理をお任せ頂ければと思います。

店頭への持ち込み以外に、郵送でも修理をお受けしています。

お気軽にお電話、またはお問合せください。

ありがとうございます。

 

ダイナイトロジャー タンク型ハーフラバー ¥3,500(税抜)

縫い直し ¥2,000(税抜)

納期 1~2週間ほど