RICK OWENS(リックオウエンス)ハイカットスニーカーの靴底をビブラム342ソールで補強する方法

P1560573 RICK OWENS(リックオウエンス)のハイカットスニーカーをお預かりしました。P1560574 履かれる前の新品状態でお持ちいただき、補強のご依頼です。P1560575 リックオウエンスは構造上、擦り減ってきたら目立つ?感じがし、補強をすると修理痕が目立つのであらかじめ補強のご要望が多いです。P1560576 元は一体型ソールで、P1560577 ギザギザがあります。P1560578 一番違和感がなく仕上がる「ビブラム342ソール」の白をお選びいただきました。P1560586 <after>

元のギザギザを削り落とした後、
P1560587 ソールのキワまでカバーするように補強をさせていただいています。P1560588 これで靴本体が擦り減ることなく履いていただけます。

今後繰り返し交換も可能です。P1560589 今回は「白」をお選びいただきましたが、同ソールの「黒」もあり、どちらでもいい感じに仕上がります。P1560590 これで安心してP1560591 履いていただけます。P1560592店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯342ソール(白)オールソール ¥8,800(税抜)

納期 1~2週間ほど

Rick Owens(リックオウエンス)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com