santoni(サントーニ)スリッポンの穴が開いた靴底を再現するようにレザーオールソール交換修理

P1520874 santoni(サントーニ)のスリッポンをお預かりしました。P1520875 シンプルなデザインです。

アッパーの状態は良好ですが、P1520876 靴底は純正の状態で、P1520877 レザーソール中心部に穴が開いている状態いです。

「オールソール交換」で靴底全体を作り変えるタイミングになります。
P1520878 マッケイで作られているサントーニはコバの出幅などイタリアらしさが特徴です。P1520879 なのでオールソール交換の際はブランドイメージを崩さないよう修理することを心掛けています。P1520880 出来るだけ元の作りを再現するように修理をさせて頂きました。P1530050 <after>

オールソール交換の完成です。P1530051 レザーソールは縫い目を隠す「ヒドゥンチャネル」で加工をし、P1530052 トップリフトはレザー&ラバーの「ラスター」を使用しています。P1530053 印象も違和感がなく仕上がりました。P1530054 これでP1530055 安心してP1530056 履いていただけます。P1530057店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

国産ラスター レザートップリフト +¥1,300(税抜)

ヒドゥンチャネル +¥2,000(税抜)

納期 2週間ほど

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com