TO&CO(トゥー&コー)ディアスキン(鹿革)シューズの汚れたアッパーをクリーニングで綺麗にメンテナンス

P1360119こんにちは東です。

TO&CO(トゥー&コー)をメンズシューズをお預りしました。

P1360120アッパーの革はディアスキン(鹿革)が使用されています。

ディアスキンの革を靴に使用するのは珍しいような気がします。

モカシン系の靴には見られますが、手袋などでよく使用されているのではないでしょうか?

P1360121ディアスキンは特有の風合いや革の柔らかさが特徴ですが、汚れが付着しやすく落としにくい傾向があります。

P1360122お客様も風合いと言ってしまうには、汚れが目立つのでこの度はメンテナンスでお持ち頂きました。

P1360123ディアスキンはクリーナーでは一定以上汚れが落ちにくいので、「クリーニング」で汚れをかき出すのをオススメします。

汚れの具合によりますが、今までの経験上、だいぶ見た目は変わります。

P1360192<after>

「クリーニング」で洗い、乾燥後にクリームでしっかり保革して仕上げました。

P1360193蝶?花?のメダリオンもはっきり見えるほど綺麗になりました。

P1360194ディアスキンはしっかり保革してあげることが大切です。

P1360195コバ、ヒール周りの革もしっかり仕上げ直します。

P1360196これでまた心地よく履いて頂けると思います。

P1360197店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。

 

靴クリーニング(短靴) ¥4,000(税抜)

納期 1週間程

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com