TOD,S(トッズ)ドライビングシューズの劣化したヒール部分をレザーの積み上げで作り変える修理方法

P1530165 TOD,S(トッズ)のメンズのドライビングシューズをお預かりしました。P1530166 修理のご依頼が多いドライビングシューズですが、今回はいつもと違う内容で修理をさせて頂きました。P1530167 靴底はソール前部とカカトがセパレートのデザインです。P1530168 前部のレザーソールは靴本体とマッケイ縫いでしっかりと取り付けられていますが、P1530169 特殊な形状のヒール部はウレタン素材で作られているので、「加水分解」による経年劣化で割れて崩れている状態でしたP1530170 なので今回はこのヒール部分を作り変える必要があります。P1530171 今のバランス等を崩さないように修理をさせていただきます。P1530172 劣化したウレタンを全て取り外し、
P1530173 高級仕様のレザーの積み上げを使用します。

元のような特殊な形状を再現するのは現実的ではないので、一般的な形状で加工をさせていただきます。P1530174 バランスを考慮してP1530181 新しくヒールを取り付けました

ヒール先端は耐久性のある「ビブラム5350」のラバートップリフトを使用しました。
P1530182 使用した素材はレザー&ラバーなので、今後は劣化する心配なく履いていただけます。

実はレザーソールの中から見える黒の凸凹もウレタン素材なので、劣化している状態なのですが、今回はお客様のご希望でノータッチとさせていただきました。

ソール面の修理も可能なのでご相談ください。
P1530183 違和感はございません。P1530184店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

積み上げ交換(レザー) ¥3,000(税抜)

vibram ♯5350 ラバートップリフト ¥2,500(税抜)

納期 3日~5日程

Tod,s(トッズ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com