TOD,S(トッズ)レディーススニーカーの靴底本体が擦り減らないようにあらかじめソールを取り付ける加工修理

P1310971こんにちは東です。

TOD,S(トッズ)のスニーカーを渋谷区よりお持ち頂きました。

P1310972ドライビングシューズで修理依頼の多いトッズですが、今回はレディースのスニーカーになります。

P1310973まだ履かれる前の新品状態でお持ち頂きました。

靴底はトッズらしい凸凹ソールです。

P1310974このようなスニーカーはソールが一体型で、カカト部分を取り外したりなどが出来ず、修理する前提で作られてはいません。

今後、履いて行ってカカトなどが擦り減ってくれば「コーナーハーフ」という修理メニューで、部分的に補強をして修理をします。

ですがどうしても修理をした跡が残ってしまいます。

お客様はそうなるのを避けたいとの事で、あらかじめソールの補強をご希望されました。

P1310994<after>

元のソールをフラットに加工後、上からスニーカー用ソールを貼りました。

P1310995厚みは4mmあるラバーソール(ゴム)です。

今回はボリュームを出さないようにこちらを使用しましたが、他にも種類はございます。

P1310996今回の様にソール加工するのが正解。という訳ではありませんが、元の靴本体が擦り減らないように履かれるのであればベストと思います。

P1310998今後はカカト部のみカットして交換、または全体交換も可能なので、擦り減り過ぎないよう気を付けて頂ければと思います。

P1310999これで安心して履いて頂けますね。

P1320001店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。

 

国産スニーカーソール(白・4mm厚)オールソール ¥7,800(税抜)

納期 翌日~5日程

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com