Tricker,s(トリッカーズ)ベルベットのルームシューズの擦り減った靴底を補強修理

P1510434 Tricker,s(トリッカーズ)のメンズシューズをお預かりしました。
P1510435 ベルベット素材のルームシューズになります。
P1510436 靴底の補強のご依頼です。P1510437 レザーソールで、P1510438 ソールが剥がれ、P1510439 擦り減りが進行しているので修理をします。

靴底は接着のみの「セメンテッド製法」になります。

一般的には「オールソール交換(靴底全体交換)」は出来ないとの声も聞かれますが、問題なくできます。

ただ元々、ソール交換をする前提としていないルームシューズの構造なので、婦人靴のパンプスと同じく、あらかじめ補強をして履かれたほうがよいと思います。P1510461 しっかりと街履きで使用できるよう、P1510462 「ハーフラバー」で補強をしました。P1510463 擦り減っていたつま先部は「革で埋めて」厚みを戻してから補強をしています。P1510464 これで安心して履いていただけます。P1510465店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

FILIPS ハーフラバー ¥3,000(税抜)

つま先革埋め +¥600(税抜)

納期 翌日

Tricker,s(トリッカーズ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com