Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)ロッキンホースの擦れた靴底を機の部分を補強してオールソール交換修理

P1370795Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)のロッキンホースを山形県より郵送でお預りしました。

P1370796当店ではもう定番になったロッキンホースの修理になります。

今回も一番多い修理内容をご紹介します。

P1370797お預りしたのは古いロッキンホースになり、靴底の修理をさせていただきます。

P1370798靴底のソールは黒のスポンジソールが使用されています。

厚みも薄めでスポンジソールは減りが早いので、履かれているといつの間にかソールが無くなり、擦り減りが木に達している事が多いです。

また木も擦り減りが早い素材なのでそのまま履かれるとどんどん擦り減りが進行してしまいます。

P1370799なので部分修理ではなく、ソール全体を耐久性のあるものに作り替えさせていただいています。

P1370800木の部分が斜めに削れたままではソールが取り付けれないので、木の部分も出来るだけ違和感がないように補強をします。

P1370826<after>

ロッキンホースの修理に使用しているソールはこの「合成クレープソール」になります。

他のソールもお選び頂けますが、当店では一番見た目に違和感がないと考えています。

P1370827耐久性のあるラバーなので今後は擦り減りにくい状態で履いて頂けます。

P1370828木の擦り減り部分は革で埋めて形状を戻す加工をしています。

完全に違和感がない修復は困難なので、これが現時点でのベストになります。

P1370830合成クレープソールの厚みは数段階ありますが、今回は6mm厚のものを使用させていただきました。

P1370829これで安心して履いて頂けますね。

お客様からも喜びのご連絡をいただきました。

P1370831店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。

 

合成クレープソール(黒・6mm厚) オールソール交換 ¥7,800(税抜)

ウッドソールの補強 +¥1,000(税抜)

納期 1週間程