Alden(オールデン)コードバンのプランテーションソールをダイナイトソールのラバーへオールソール交換修理

P1310862こんにちは東です。

Alden(オールデン)のチャッカブーツをお預りしました。

P1310863ややスクエアのつま先の形状をしたコードバンシューズです。

P1310864お客様は靴底の修理でお持ち頂きました。

こちらはオールデン特有の「プランテーションソール」と呼ばれるものです。

P1310865生ゴム素材の「黒のクレープソール」をベースに

P1310866つま先はレザーが使用されている変わった構造です。

P1310867クレープソールはその柔らかい履き心地がメリットですが、逆に敬遠される声も多く聞かれます。

お客様もクレープソールから別のソールに変更をしたいとご希望です。

P1310868「グッドイヤーウェルト製法」で作られているオールデンの靴はソール交換をしやすい構造で、他に「レザーソール」「ラバーソール」「スポンジソール」などへ無理なく変更が出来ます。

P1310869今回、お客様は明確な仕上がりのイメージをお持ちだったので、お好みのソールへオールソール交換をさせて頂きました。

P1320064<after>

イギリスのダイナイトソールに

P1320065ダイナイトヒールの組み合わせです。

P1320063本来アメリカのオールデンは、イギリスのダイナイトソールを靴底に使用する事はないと思いますが、よく似合っています。P1320066元のミッドソールを残し、ダブルソールで加工しているので靴のイメージは損ねません。

P1320067クレープソールからラバーソールに変更する事で雰囲気、履き心地はだいぶ変わりました。

P1320068過去に「プランテーションソール」の靴は何度も修理をさせて頂いています。

過去のブログにも事例はありますが、プレンテーションソールを再現するようにオールソール交換も可能なのでお任せください。

P1320069これでまだまだご愛用して頂けると思います。

P1320070店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございます。

 

ダイナイトソール オールソール交換 ¥14,800(税抜)

納期 2週間以内