Alden(オールデン)スエードのタッセルローファーの無くなったタッセルを違和感がないように作り替える修理方法

こんにちは東です。

このブログで2500回目の投稿になります。

いつもご覧頂きありがとうございます。

海外在住の日本人の方も読まれている方が何人かおられ大変うれしく思います。

これからもよろしくお願いします。

P1360561

Alden(オールデン)スエードローファーを江戸川区より郵送でお預りしました。

P1360562アッパーはゴートスエード(山羊革の裏革)になります。

状態を確認すると

P1360564タッセルが一つ無くなっている状態でした。

意外とよく伺うのですが、いつの間にか無くなってしまった模様です。

P1360563この場合、当店でタッセルを作る修理となりますが、一番難しいのは似た革があるかどうかです。

今回は濃茶のスエードなので何とかご対応出来そうです。

P1360581<after>

同じようにタッセルを作り、取り付けました。

P1360582違和感がなく仕上がり安心しました。

P1360583店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

※タッセルローファーの作り方、製作方法、個数により修理費用が異なります。

 

タッセル製作 ¥2,000~

納期 3日~