Church,s(チャーチ)RYDER(ライダー)スエードチャッカブーツをダイナイトソールでオールソール交換修理

P1530026 Church,s(チャーチ)のスエードチャッカブーツ「RYDER(ライダー」をお預かりしました。P1530027 このチャーチのライダーは毎年秋冬場になるとよく修理でお預かりするモデルです。
P1530029 靴底は生ゴム素材の「クレープソール」になり、P1530030 カカトが擦り減り、P1530031 ソール中心部も薄くなっているので「オールソール交換」のご依頼です。P1530032 元を再現するようにクレープソールでのソール交換は可能ですが、P1530033 ほとんどのお客様は別ソールへ変更されるのをご希望されます。P1530034 「クレープソール」のほかに「レザーソール」「ラバーソール」「スポンジソール」からまずは大きくお選びいただきます。P1530035 「グッドイヤーウェルト製法」で作られている靴は様々な靴に仕様変更が出来るのがメリットの一つです。P1530124 <after>

お選びいただいたのはラバーソールの
P1530125 イギリスの「ダイナイトソール」です。

同じイギリスでチャーチととても相性がいいですね。P1530126 今回は「ミッドソール」がなしのシングルソールで加工をさせて頂きました。P1530127 スエードのアッパー&ラバーソールは「雨の日」でも履ける仕様なので重宝します。P1530128 これで気分新たにP1530129 履いていただけます。P1530130店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

ダイナイトソール オールソール交換 ¥14,800(税抜)

納期 2週間以内

Church,s(チャーチ)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com