Foot the coather(フットザコーチャー)モンキーシューズをカスタム交換修理

Foot the coather(フットザコーチャー)を世田谷区よりお持ちくださいました。 モンキーシューズのデザインです。

革靴の構造で「セメンテッド製法(靴底を接着剤のみの底付け)」で作られています。
靴底の修理のご依頼です。 レザーソールが使用されていますが、 接着剤が弱くなりソールが剥がれている状態でした。 お客様はこれを機に「オールソール交換」をご希望されました。
今と同じくレザーソールでの交換は可能ですが、 別ソールへの変更する「カスタム」をご希望されました。
<after>

ワークブーツ用のラバーソールをご選択されました。 タンク型の「ビブラム100ソール」です。 ヒールは今後取り外し修理可能です。

モンキーシューズとの見た目の相性は良いと思います。 「黒のラバーミッドソール」を靴本体と「マッケイ縫い」で縫い、その後100ソールを接着しています。 ボリュームがあるいい雰囲気に仕上がりました。 靴のバランスも問題ありません。 これで気分新たに履いていただけます。店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

・vibram ♯100ソール(黒)オールソール交換 ¥17,800(税抜)

・vibram ラバーミッドソール(黒) +¥2,000(税抜)

納期 3週間以内

Foot the coather(フットザコーチャー)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)